お知らせ

メガネレンズ大手メーカーHOYAより新製品発売! 紫外線もブルーライトもダブルでガード、「RayGuard435(レイガード435)」発売

メガネ・コンタクトのアイ鎌倉店から新商品のご案内です。

新発売のレンズのご紹介。

国内最大手のレンズメーカーHOYAより目のことを考えたレンズが発売。

「RayGuard435(レイガード435)」です。

メガネレンズにやさしさをプラス!

紫外線とブルーライト(青色光)をダブルでガード。

RayGuard435(レイガード435)は眼に有害と言われている紫外線をほぼ100%カット。

さらにはLED照明やパソコン、携帯などのディスプレイから発する

ブルーライト(青色光)を軽減した眼に優しいメガネレンズです。

UVカットもほぼ100%カット

ブルーライト(青色光)は435nm付近のブルーライト(青色光)を

裸眼時よりも約20%軽減しています。

紫外線(UV)とブルーライトは似て非なるもの!(以下HOYA製品リーフレットより抜粋)

パソコンやスマホのモニタ、照明やテレビなどにLEDが多様されている今、

そこから発せられるブルーライトをカットする機能レンズが流行しています。

その一方で、紫外線(UV)とブルーライト(青色光)の違いがまだ混同され、

誤解も多く見受けられます。

そもそも紫外線とブルーライトは似て非なるものであり、

それぞれが目に及ぼす影響も異なります。

紫外線(UV)は角膜炎や白内障などの眼病を誘発し、

ブルーライト(青色光)はドライアイや眼精疲労、

加齢黄斑変性等への影響が懸念されています(現在も研究中)。

これらを予防するためのメガネレンズも、

正しい知識を持って身につけないと、かえって目を痛めてしまうことにもなります。

実際のレンズは若干薄く着色したような感じ(グレーの10%くらいの濃度)に

仕上がりますので、店頭のデモレンズにてご確認下さい。

通常のレンズ価格にプラス+5,400(税込)にてご用意をしております。

紫外線も多くなる5月を前に一足先に最先端のUVケアをお試し下さい。