40歳からのメガネレンズ選び

40歳からのメガネレンズ選び

たかがメガネ、されどメガネ。
40歳からのメガネ選びはとっても重要です。

〇長時間のPC作業やスマホをしていて夕方頃になるとピントが合いづらい
〇書類や細かいものを見ていると目がショボショボする
〇肩こり・頭痛が起きる

元々人間の目はカメラのようにオートフォーカスでピントあわせをしてくれるのですが、目の調節力が低下することによって起きるピントがあいづらい状態=老眼・老視と呼ばれるものとなります。
ここ最近ではスマホ老眼という言葉も聞いたこともあるかと思いますが、読書やパソコンよりも近い距離でスマホを見ることによって、顔をあげて周りを見渡した時にピントがあうまで時間がかかるなど40代未満の若い世代であってもこういった症状が起きる事があります。

これらを解決するものとして考えられるのは、遠近両用やアシストレンズといったレンズや老眼鏡になります。

当店のおススメは遠近両用やアシストレンズです。
手元を見るための調節力を補うレンズは多少の慣れが必要な場合が多く、老眼が進行してしまうと遠くを見るための度数と手元を見るための度数との差が大きくなり慣れにくくなってきます。
例えば、マラソンをはじめて間もなく急にフルマラソンに挑戦する方はいないですよね??
まずは5km、10kmと徐々に体を慣らしていくわけであって、いきなり落差の大きなものは慣れにくいので、当店では早めの装用をおススメしています。